当教室ではEWIのレッスンも行っております。

 

EWI=Electric Wind Instrument の略で、日本のフュージョンバンド「T-SQUARE」がメイン楽器として使用しております。いわゆる「電子サックス」で、リコーダーと同じ息遣いで音が出せるので、新しく楽器を始める方にも人気の楽器です。

運指やブレスコントローラー、ビブラートコントローラーなどサックスと同じような表現ができるように機能が充実しています。また、サックスに比べて安価です。(サックスの上位機種=大体平均が30万~40万 EWIは8万円前後)

EWIの特徴は大きく3つあります。
①キーがタッチセンサーになっている→サックスのようにバネでキーが跳ね返ってこない。反応がシビア。
②気道が細い→普通に吹くと息があまるため、口の横から空気を逃がす必要がある。→私はこれを避けるためマウスピースを少し改造してます。詳しくはこちら
③ピッチベンドは口ではなく右手親指のコントローラを使用する。ギターのチョーキングやキーボードのピッチベンダーの感覚に近い。
④電子楽器なのでボリュームの調整が可能。したがって家で堂々と吹ける。オンラインレッスンにも最適。

EWIはピッチベンドなど特有の機能を使いこなすことで表情がガラリと変わります。また、サックスの奏法も取り入れることで、電子楽器の域を超え、表現がより深まります。EWIを身に着けたい、上達したいという方も当教室にてレッスンさせていただきます。