フルブロウの習慣

サックスという楽器は音を出すこと自体は比較的簡単ですが、その後、よいサウンドを追求することは果てしない道のりです。私もサウンドについて日々精進するところですが、一つ心がけていることとして、練習の中で一定時間、とりあえずフルボリュームで吹き続けることをしています。

自身のサウンドのターニングポイント

私はこれまでいろいろなライブで演奏してきましたが、その中でも特に印象に残っているライブシリーズに「お盆にサンボーン」というものがございます。このライブの一つの特長として、爆音バックバンドを相手に2本のサックスがノーマイクで終始フルボリュームでフルブロウする、というものです。百聞は一見に如かず、こちらの動画をご覧ください。

メロディーはサックスが吹きますから、この状況下でも客席に音をが聞こえるようにしないといけません。フルブロウ以外は演奏ではない、といってもよいライブです(笑)このライブシリーズでご一緒いただいた、サックス藤井泰宏氏とのフルブロウ合戦は自身のサウンド形成において大変貴重な経験だったと思います。氏も持論の一つとして「音量は正義」とおっしゃっており、非常に共感しております。なぜか!?

良いサウンドの必要条件を一気にクリアする

良いサウンドの要素はいろいろあると思いますが、フルブロウでクリアできることは結構多いんじゃないかと思います。腹筋の使い方だったり、大きな音を出すために自然と喉が開いたり、力んで吹いても一曲もたないからいい感じに脱力できたり。

その結果、音のバランスは最初は偏ることも多いと思います。キャラの構成要素が1~6までの6種類あるとして、それをレーダーチャートにするとこんな感じではないかと(あくまでイメージ)。オレンジの正六角形がバランスが取れてて理想のサウンドだとすると、すべての要素について理想の値に到達しているものの、要素2・要素5は超えすぎててバランスが悪い(例:エッジが効きすぎて聴いてて耳が痛い など)。

一つひとつの必要条件を体験する

フルブロウによって即座にバランスのよい、良いサウンドを得られるわけではありませんが、上記のレーダーチャートの状態からバランスを整えていくことで理想のサウンドに近けるのではないかと思っています。一つ一つの要素を分析してクリアすることはとても難しく、フルブロウによって複数の要素を体感し、逆に抑えていく方が効率的である、ということです。

めちゃめちゃ抽象的な話に終始しますが、とりあえずフルブロウで尖ってみて、あとから整える、これが良いサウンドづくりへの効率的な筋道の一つではないかと。